AD_pwcスーパーワイド2層目

水素 40年に供給量6倍、15兆円投資 値差補填で30年価格はLNGと同程度へ

政府は4日、燃やしてもCO2が発生しない水素の利用拡大に向けて、「水素基本戦略」を5月末にも改定する方針を決めた。水素の供給量を2040年までに現在の6倍となる年1200万トンとする目標を打ち出す。今後15年間で官民合わせて計15兆円を投資する計画で、次世代の脱炭素燃料として普及を加速する。再生可能エネルギーの導入拡大に向けた行動計画も決定した。日本発の「ペロブスカイト太陽電池」や「浮体式洋上風力」などの導入推進を盛り込んだ。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。