AD_pwcスーパーワイド2層目

環境福祉学講座(150) 林業の歴史からみる環境福祉(3) 明治維新後の森の荒廃

明治30年森林法の評価

明治維新以降の日本は、政治、経済、教育等あらゆる分野で西洋に追い付けが共通の目標だったが、富国強兵が国家の最重要政策として取られた。そのため、高層建築物建設、電柱設置、鉄道敷設、軍事物資生産等による木材需要が急増した。江戸時代には幕府や各藩による森林伐採に厳しい規制があったが、明治維新以降は公による規制がなくなったため、森林の乱伐が横行し、日本の山は荒廃していった。これにより甚大な悪影響が各方面で表面化した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り89%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。