CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

関電、JR西、NTT、パナソニックなど6社が基本合意 姫路エリアでの水素輸送・利活用等で協業  

関西電力、JR西日本、JR貨物、NTT、NTTアノードエナジー、パナソニックの6社は21日、兵庫県姫路エリアでのインフラを活用した国内水素輸送・利活用などに関する協業に関する基本合意に至ったと発表した。

6社は2030年代を目処に、安価で効率的な水素サプライチェーンの確立を目指し、姫路エリアを起点とした水素輸送と利活用方法に関する調査と検討を行う。

各社の役割としては、関西電力が液化水素の安定調達や水素受入拠点や水素利活用先の検討など、JR西日本が線路敷パイプラインおよび水素利活用の検討など、JR貨物が鉄道による全国への水素輸送の検討など、NTTとNTTアノードエナジーが通信管路を活用した水素パイプラインの構築検討など、パナソニックが水素を使った自社製燃料電池の活用の検討などとなっている。

今後は6社が各分野での経験や知見を結集し、水素サプライチェーンの確立とゼロカーボン社会の実現に向けて取り組んでいく。