AD_pwcスーパーワイド2層目

カーボンゼロへの挑戦(59) GX投資戦略で鉄鋼の脱炭素化先行投資を拡大 大口重要家確保の仕組みづくりも課題に 

GX投資戦略では、国内CO2排出量の約36%を占める製造業の中でも、特にCO2排出量の多い鉄鋼・化学・セメント・紙パルプの4業種を対象として「分野別投資戦略」を策定。2050年カーボンニュートラル(CN)、30年46%排出削減目標の達成に向けてCO2排出削減に取り組むとともに、産業競争力の強化と経済成長の同時実現を目指すこととした。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り92%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。