AD_pwcスーパーワイド2層目

森林開発伴う再エネに課税 全国初の条例が宮城県で成立 平地など適地に事業を誘導

大規模な森林開発を伴う再生可能エネルギーの発電事業者に独自課税する全国初の条例が4日、宮城県議会で全会一致で可決、成立した。森林開発に税負担を課すことで再エネ事業を平地などの適地に誘導し、森林の保全を図ることが目的。税収の使途を特定しない法定外普通税とする方針。県は総務相の同意を得たうえで、来年4月までの導入を目指す。村井嘉浩知事は条例の可決後、「全会一致で大変喜んでいる。直ちに総務省との協議をスタートさせたい」と述べた。

森林開発伴う再エネに課税 全国初の条例が宮城県で成立 平地など適地に事業を誘導_村井知事
村井知事

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り77%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。