AD_pwcスーパーワイド2層目

財政支援の規模拡大と柔軟化を 24年度施策で経産、環境両省に提言 ゼロカーボン市区町村協議会

全国238の市区町村が参加する「ゼロカーボン市区町村協議会(会長=山中竹春横浜市長)は7月24日、経済産業省および環境省に対し、2024年度の国の施策・予算に関する提言を提出した。それによると、①財政支援の規模拡大と柔軟化②情報の整備・発信および人材派遣の支援強化③脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動の推進④脱炭素社会の実現に向けたデジタル化の推進――の4項目を要望しており、今後の国の対応が注目される。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り86%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。