CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

上下水道行政の一元化がもたらすもの(1/31)

上下水道行政の一元化がもたらすもの
上下水道行政の一元化がもたらすもの

厚生労働省が所轄する水道行政について全般的な部分を国土交通省に,水質基準策定等は環境省に移管する方針が2022年9月に政府から示されました。2023年5月には「生活衛生等関係行政の機能強化のための関係法律の整備に関する法律」が成立し,国土交通省に設置された「水道整備・管理行政移管準備チーム」により,2024年4月の円滑な移管に向けて着々と準備が進められています。水道行政の移管は厚生労働省におけるコロナウィルス感染症等への対応能力の強化を図るために検討された施策ですが,人口減少が急速に進む状況での経営基盤の強化や頻発する災害への対応力強化等の水道行政の機能強化も目的とされています。これまで日本の公衆衛生の向上に多大な貢献をしてきた水道インフラ。更新時期を迎えて、水道・下水道を一元管理するという歴史的な行政の変革となります。本セミナーでは,水道の有識者,および行政から専門家をお招きし,水道行政移管に関する最新情報および今後の展望についてご講演いただきます。

13:00~13:10 開会挨拶 日本水環境学会 理事 北海道大学大学院 佐 藤 久
13:10~14:10 基調講演 「持続する水道事業のために」
全国簡易水道協議会 相談役
北海道大学公共政策学研究センター 研究員 眞柄 泰基
14:10~14:50 第1席 「水道行政の移管について」
厚生労働省 健康・生活衛生局 水道課長 名倉 良雄
14:50~15:00 休憩
15:00~15:40 第2席 「水道行政の移管に向けた国土交通省の取組について」
国土交通省
水管理・国土保全局下水道部下水道企画課 課長補佐
水道整備・管理行政移管準備チーム 事務局長 岩渕 光生
15:40~16:20 第3席 「水環境行政の動向と水道移管について」
環境省 水・大気環境局 環境管理課長 筒井 誠二
16:20~16:50 総合討論
16:50~17:00 閉会挨拶 日本水環境学会 理事 メタウォーター株式会社 山口 太秀

イベント詳細

日時

2024-1-31(水)開催/日本水環境学会

13:00~17:00

場所

オンライン(ウェビナー) 後日、申込者を対象にセミナー動画のオンデマンド配信を予定しています。

主催

(公社)日本水環境学会

共催・後援

全国環境研協議会(予定)

定員

会員および団体会員:3,000円,非会員:5,000円 学生1,000円(高校生以下無料) (税込) 講演資料集(印刷物)配布はありません。 事前参加申込のみ。当日参加はできません。

お問い合わせ先

※E-mail seminar_info@jswe.or.jp (公社)日本水環境学会 事務局 セミナー係 〒135-0006 東京都江東区常盤2-9-7 グリーンプラザ深川常盤201号 Tel.03-3632-5351 https://www.jswe.or.jp/

参加申し込みフォーム