環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
環境福祉 記事一覧
【連載】環境福祉学講座128 炭谷茂・恩賜財団済生会理事長 富山国際大学客員教授;環境福祉学の理論と実践の体系(7)民主主義と環境福祉の未来
歴史の岐路
 バイデン米新大統領は1月20日に就任した。歴史の大きな節目であった。
 就任演説はバイデンの個性を反映して地味だったが、今の荒廃したアメリカ社会では、熱狂的な演説よりも国民に語りかける落ち着いた話し方が良かった。78歳という高齢が懸念されるが、むしろ人生の幾多の荒波を超えてきた経験が、今日の状況ではプラスである。トランプ時代は自国の利益を最優先とし、国家間の対立を深める一方、国内では人種やジェンダーなどの対立が深刻化した。さらにコロナの被害が加わり、社会の分裂・分断が際立った4年間だった。
 19世紀にフランスの政治思想家トクヴィルは、アメリカ滞在経験を基に『アメリカにおけるデモクラシー』を著した。トクヴィルはフランスと比較してアメリカのデモクラシーの熟成を評価した。アメリカ社会ではピューリタニズムとデモクラシーが定着し、自由平等な社会が実現していると述べた。
 トクヴィルが訪問した以降もアメリカの民主主義は発展し、世界の模範となった。戦後の日本もアメリカに習い、民主主義国家を形成していった。
 しかし、経済の発展やグローバル化の進展に伴い、所得格差の拡大がアメリカ社会に生まれた。中産階級だった白人層が脱落し、政治や社会に対する不満が充満していた。攻撃の対象は移民などの非白人に向かった。これを吸い上げて大統領になったトランプは、自由平等を基本とする民主主義を否定する政策を遂行した。
(2021/02/03)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要