環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 環境福祉
環境広場 記事一覧
【連載】「香り」X「環境」(9)松尾祥子・アロマセラピスト、臨床心理士;センス・オブ・ワンダー
 海洋生物学者であり作家のレイチェル・カーソンは「子どもを自然の世界に紹介するとき、知ることは感じることの半分も重要ではない」と表し、自然の美しさ、不思議さ、神秘さに目をみはる感性を「センス・オブ・ワンダー」として、感性教育の重要性を説きました。発表から55年程経過した現在、教育機関や企業の研修でも、知識を教える講義中心の学習スタイルを見直し、内的モチベーションを高め自ら考えることを促進する、実践的で能動的な学習スタイル、「アクティブラーニング」が積極的に採用されています。

 香りは判別性が悪く、嗅覚は記憶や体調に左右される、個人差が大きい感覚です。香りによって得られる心の変化や身体の反応は、差異があるのが当然です。自分の捉え方を個性として知ること。他人の個性も尊重して関心を払うこと。自他の差異を知り、対話を通して新たな視点を得、創造を育む。地球チームの一員として、たくましく生き抜く上で欠かせないスキルと言えるでしょう。
(2019/01/09)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要