環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
水・土壌環境 記事一覧
琵琶湖が映す環境異変〈6〉治水、利水、環境保全に取り組む水資源機構琵琶湖開発総合管理所、湖岸堤や水門等の管理全般に環境配慮も
 京阪神地域1450万人の暮らしや産業を支える重要な水源であり、約1100種もの生物相を持つ生物多様性の宝庫でもある琵琶湖。総合的な管理は琵琶湖環境部を設置する滋賀県が行っているが、規模も価値も桁違いに大きい湖だけに単独で全うできるものではなく、その特性を「守る・生かす・支える」取り組みは、琵琶湖を取り巻く多くの関係機関や団体等との連携で進められている。今回は、1973年開始の琵琶湖総合開発事業の一環で治水、利水、環境保全を中心とした琵琶湖開発事業を担当し、その後も整備した湖岸堤や水門等の操作、維持管理、メンテナンスを行っている水資源機構琵琶湖開発総合管理所を訪ね、担当する治水・利水・環境事業について聞いた。
(2020/09/16)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要