環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 脱炭素・エネルギー 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
資源循環 記事一覧
プラスチック資源の適正循環を目指して(78)ペットボトルリサイクルでエコ商品開発〈松田商店の取り組み〉
 現在世界的な課題となっているプラスチック問題の中でも、取り沙汰されることが多いペットボトル。和歌山市で資源リサイクルや産業廃棄物処理などに取り組む松田商店は、容器包装リサイクル法が本格スタートした97年からこのペットボトルのリサイクルに取り組んでいる。多くの廃棄物処理・リサイクル業者がフレーク等に資源化するのにとどまっているのに対し、同社は自社で洗面器、マグカップ、ダストボックスなどの商品を製造し受注販売や、工場見学に訪れた子供たちへの進呈などを実施。フレーク製造から商品化まで自社で一貫生産する体制を整えている。こうした商品を製造することで、ペットボトルがリサイクルに優れていることや、資源を繰り返し使うことの大切さを訴え続けている。
(2021/09/01)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要