環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
資源循環 記事一覧
プラスチック資源の適正循環を目指して(45);循環型食器「edish」〈丸紅の取り組み1〉、食品廃材を原料に製造、使用後は肥料や飼料に
 飲食店やイベント等で排出される使い捨ての食器、飲料容器をリユース食器に切り替えることや、環境に優しい代替素材の使用を促進することは、使い捨てプラスチックの削減に大きく貢献することになる。大手総合商社の丸紅は、食品廃材を原料とし、使用後は肥料や飼料として活用できる循環型食器「edish(エディッシュ)」の実用化を目指し、このほど実証試験を開始した。東京都江戸川区の葛西臨海公園内のカフェなどでedishを容器に使用して食品を提供。使用後は回収して肥料にする取り組みを行う。「食器のアップサイクル」で使い捨てプラスチックと食品廃棄物双方を削減し、「食」を起点にした循環型社会の実現を目指していく。
(2020/09/16)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要