環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 環境福祉
資源循環 記事一覧
食品リサイクルプラント本格稼働〜JFEエンジG、JR東日本Gが共同出資の「Jバイオフードリサイクル」−廃棄物発酵させ発電
 JFEエンジニアリンググループとJR東日本グループが共同で設立した「Jバイオフードリサイクル」(横浜市)の食品リサイクルプラントが8月に完成し、食品リサイクル・バイオガス発電事業を開始した。本格的な発電開始に伴い、11月6日に多くの来賓を招いて発電式を執り行った。同事業では日量80トンの食品廃棄物を微生物により発酵させ、発生するメタンガスを燃料にして発電を行う。食品リサイクルプラントの発電出力は1,800キロワット、年間想定発電量は約1万1千メガワット時(一般家庭の約3千世帯分)となっている。3年後のフル稼働時には、年間約2万7千トンの食品廃棄物を処理していく計画だ。
(2018/11/14)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要