環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 脱炭素・エネルギー 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
脱炭素・エネルギー 記事一覧
残コン等のゼロとCO2 削減を実現★鹿島がシステム確立・実証−建設現場で液化炭酸ガスを利用
 鹿島建設は4月26日、東京大学大学院工学系研究科の野口貴文教授の指導の下、建設現場で発生するアジテータ車に残った残コンクリートと、アジテータ車から荷降ろしされず出荷元の生コンクリート工場に戻される戻りコンクリートを、建設現場内でCO2(液化炭酸ガス)を利用しゼロにするシステムを確立し、実証実験を行ったと発表した。同システムは、大規模現場で一般的に設置されている濁水処理装置に、簡易な振動式ふるいなどを追加することで構成する。これにより、残コン・戻りコンを、再利用可能な粗骨材等やCO2を吸収・固定して中和された処理土と、pHや濁度を下げ放流可能な水にそれぞれ分離できる。また、一連の分離・処理過程で液化炭酸ガスを使用することで、残コン・戻りコンのセメント分にCO2を吸収・固定できるため、CO2の削減も同時に達成できる一石二鳥のメリットがあるとしている。
(2022/05/11)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要