環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
エネルギー・低炭素 記事一覧
NEDOなど実証試験開始、電力損失を95%以上抑制、各種工場の省エネ化に寄与
 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は11日、昭和電線ケーブルシステム、BASFジャパンと共同で、BASFジャパンの戸塚工場(横浜市戸塚区)に全長約200メートルの3相同軸超電導ケーブルを敷設し、工場の省エネルギー化を目指す実証試験を開始したと発表した。液体窒素によるケーブル冷却を検証するほか、運用コストの算出や安全性の確認を行うもの。民間工場の実系統に3相同軸超電導ケーブルを導入して行う実証試験は世界初。この超電導ケーブルを30メガワット以上の大規模電力を使うプラントに採用すると、従来のケーブルに比べ送電時の電力損失を95%以上抑制でき、年間2千万円以上の電気料金の削減効果が見込めるとしている。
(2020/11/18)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要