環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
エネルギー・低炭素 記事一覧
1兆円増税へ 幹部は3省出身者
 歴代大臣からの信頼も厚く、他省庁との折衝能力も高く、「3年留任説」もあった森本英香事務次官(1981年、環境庁入庁、東大法卒)は本人の辞任の意思が固く、後任には、生え抜きで組織の調整力が高く「腰が据わっている」(次官経験者)と言われる鎌形浩史官房長(84年、東大経)が次官に就任した。次官級ポストで、技術系トップの高橋康夫地球環境審議官(83年、東大院工)は退任、後任には国際交渉の経験豊かな森下哲地球環境局長(86年、東大院工)が就いた。
(2019/07/10)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要