環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 環境福祉
インフォメーション 記事一覧
シンポジウム「資源循環から考える地域でのSDGsの実現―エコタウンから地域循環共生圏へ」(環境省、2019年2月13日、TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター)
環境省は来月13日、「資源循環から考える地域でのSDGsの実現―エコタウンから地域循環共生圏へ」をテーマとするシンポジウムを、東京都中央区のTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで開催する。昨年6月に閣議決定された第4次循環型社会形成推進基本計画では、その柱として「地域循環共生圏」の形成が掲げられた一方、同共生圏の先進例とも言えるエコタウンについては、その開始からすでに約20年が経過しているほか、多くの地域が資源循環を鍵とした同共生圏の形成に取り組んでいる。今回のシンポは、こうした経験を捉え直し、さまざまな地域での同共生圏の形成や地域におけるSDGsの実現につなげることが狙い。
 シンポでは、「資源循環を鍵とした地域課題の解決に向けた取り組み―エコタウンから地域循環共生圏へ」(環境省)、「エコタウンから地域循環共生圏、SDGsの未来に向けて」(国立環境研究所社会環境システム研究センター長・藤田壮氏)、「地域循環共生圏による地域産業の活性化に向けて」(早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科教授・小野田弘士氏)の各講演に続き、北九州市と鹿児島県大崎町が地域の取り組みを紹介。その後、講演者らによるパネル討論が行われる。参加無料、定員100名。申し込み先は事務局のみずほ情報総研(電子メール:junkan2018@mizuho-ir.co.jp.、FAX:03-5281-5466)。
(2019/01/16)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要