環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
月刊下水道 記事一覧
2020年7月号「いま、下水道DXのすすめ」特集
 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、AI(人工知能)やICT(情報通信技術)の普及が、生活をより良いものに変えるという考え方で、2004年にスウェーデンで提唱された。この考え方は、下水道分野にも取り入れられている。例えば、ある自治体では処理場にAIを導入し、水質管理や運転まで自動化する実証事業を行っている。AIが、クラウドサーバーに蓄積された膨大なデータをもとに学習を重ねることで、人の手を借りずに判断することができるという。このように、AI・ICTを下水道の仕事で活用すれば、効率化や自動化が進み、新型コロナウイルスの感染対策として、テレワークの推進にも貢献できそうだ。また、国土交通省も管路や処理場のストックマネジメント、維持管理、浸水対策などにAIやビッグデータ、ドローンを導入する取組みを全国で進めている。本特集では、AI・ICTが現場の仕事をどう変えていくのか、国の考えや施策、全国の自治体や企業における実践例などを中心に紹介する。
(2020/06/10)
月刊下水道はこちら
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要