環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 脱炭素・エネルギー 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
環境関連書籍 記事一覧
バイオマスコミュニティプランニング 〜ローカルSDGsの実践〜 古市徹/石井一英 編著
 生ごみや下水汚泥、食品廃棄物、家畜排せつ物などのバイオマスは近年、化石資源に代わるエネルギー源やプラスチックなどの素材原料として注目されています。本書は、そのバイオマスを利活用して、持続可能な地域社会(コミュニティ)を構築するための道しるべとなる一冊です。
 地域に存在するバイオマスを利用することで、域内に排出、収集・運搬といったサプライチェーンが構築されます。
 そこに新たな雇用も生まれます。域内でエネルギーや資源、お金が循環するようになり、その波及効果で防災・減災のための電源確保、教育・福祉分野への人手の投入、公共交通の維持といった地域の課題の改善につなげることも可能です。
 バイオマスの利活用は、地域に新しい仕組みや価値をもたらすのです。
 まちづくりの観点からバイオマスの利活用を進めるには、現地調査による実態把握を踏まえた定量・定性的なフィージビリティスタディが必要です。
 本書では、生活系と農業系のバイオマスを取り上げてフィージビリティスタディを実施、その結果とともに、地域独自の事業として立ち上げるための具体案を示しています。
 【体裁】A5判、178ページ
 【定価】2750円(税込み、送料別)
 【申込先】環境新聞社販売部
 (03・3359・5371、FAX03・5369・4858)
(2022/04/20)
フォームからのお申し込みはこちら
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要