環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 脱炭素・エネルギー 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
米連邦最高裁は先月30日、発電所に対する温室効果ガス(GHG)の排出規制について、米環境保護庁(EPA)の権限を制限する判決を下した。石炭産業の盛んなウェストバージニア州がEPAを提訴していたもので、バイデン政権の脱炭素政策にとって逆風となる▼判決では、発電所へのGHG排出規制は許容されるものの、クリーンエネルギーへの移行など発電形式を変更させる包括的権限は、現行の大気浄化法にはないと指摘。こうした規制の実施には、より明確な法制度を議会が整備し、具体的権限を政府に与える必要があるとする意見書を連邦最高裁長官が提出している▼一方、今回の判決について、バイデン大統領は同日、声明を発表。「わが国を後退させることを目的とした壊滅的な判決」と批判し、「公衆衛生を保護し、気候危機に取り組むため、合法的に当局を使用することを躊躇しない」と強調した。その上で、法務チームに対し、連邦法の下、気候変動を引き起こす有害な汚染から米国人を保護し続ける方法を見付けるよう指示したことを明らかにした。規制権限のより明確な法制度の整備は容易な情勢でないが、パリ協定を殺さないためにも、米国は何としても気候危機対策のリーダーに踏みとどまる必要がある。 (工)
(2022/07/06)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要