環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 脱炭素・エネルギー 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 ハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオがフェイクミートをはじめとしたベジタリアン向けの食材を作る企業に投資したことがニュースになっていた。投資理由は、環境保全に積極的な彼らしく、温暖化ガスの4%を占めるという牛のゲップを減少させるため、家畜の飼育を減らすことだという▼一方、先日スーパーでコオロギせんべいを見かけた。数年前から昆虫食が話題だったことは知っていたが、普通のスーパーで販売されるようにまでなってきたことに驚いた。フェイクミートにしろ、昆虫食にしろ、メタンなどの温暖化ガス削減効果がある取組みの一つだろう▼それにしても、牛のゲップがそんなに温暖化に影響があるのだろうか。国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が牛のゲップに言及した際、信じられなかったが、世界に15億頭の牛がいて、酪農用の泌乳牛で食欲のある牛は1日500gのゲップを排出すると聞いて納得した。反芻動物の牛は胃袋が4つあるが、この胃袋で微生物で餌を発酵、分解し栄養にする際にメタンが発生するらしい▼たんぱく質を肉から摂取できなくなる未来がくるのかもしれないが、コオロギせんべいは口に入れるまで勇気がいるし、少量で400円以上した。今は手を出せない。
(2021/11/24)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要