環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 脱炭素・エネルギー 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 1日に行われたCOP26の世界リーダーズサミットで、英国のジョンソン首相のスピーチが印象的だった。グラスゴーがあるスコットランドに関係する最も有名な架空の人物と言えばジェームズ・ボンドだと切り出した▼スパイ映画のクライマックスで終末装置に縛り付けられ、赤いデジタル時計が死の爆発に向け無情に時を刻んでいる傍ら、どの色のワイヤーを引けば装置が停止するか必死に探っている彼と我々は今、ほぼ同じ状況の中におり、悲劇なのはこれが映画ではないことだと▼ジョンソン首相は、本物の終末装置が存在しており、時限タイマーは、記録を更新し続ける速さで炭素を排出する何千億ものピストンやタービン、炉、エンジンの猛烈なリズムに合わせて進んでいると指摘。もしCOP26でも、世界が気候変動からの現実逃避を続けるならば、これまでの約束は全て「ばかばかしい」茶番であり、世界の怒りと焦りは抑え切れなくなるだろうと警告した▼その上で、我々はこのサミットを、人類がついに爆弾の信管を外し始めた瞬間、気候変動への反撃を開始した瞬間にする機会と義務を持っていると強調した。今回のCOPの成功に向け、全ての締約国による最大限の野心向上と交渉妥結への歩み寄りが求められている。
(2021/11/10)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要