環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 改正法よる石綿規制強化の施行が近づくなかで関連記事をまとめていて、昨年末の騒ぎを思い出した。一部のメーカーが製造販売した珪藻土製品に石綿(アスベスト)が含まれていることが判明した一件を振り返ってみたい▼わが国では06年から重量の0・1%以上のアスベストを含有する製品については製造、輸入、使用などが禁止されており、今頃どうしての感があったが、混在商材は1つや2つではなく、当該企業が続々と「お詫びと回収」を発表した▼「珪藻土バスマットにアスベスト」の文字が乱舞したことから、珪藻土が危ないと誤解する人もあったようだが、珪藻土は藻類(ケイソウ)の殻の化石の堆積物で成る自然素材。粒子に多数ある穴に水分や湿気を保持する性質があるため吸水性や断熱性に富み、建材としても重宝される▼持ち味が最大に発揮できるバスマットは「速乾・快適」だと人気が高い。偶然にも一つ購入したばかりだったので慌てて確認したところ、回収対象外でまずは一安心。だが、まもなく不安が押し寄せた。説明書に、吸収力が衰えたときは表面を削って汚れを落とすようにとあり、親切に紙やすりまで付属されている商品なのである。なぜ混在したのか理由を追求し、再発を防止することが非常に重要だ。
(2021/03/10)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要