環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 環境省は来年度からの新規施策として、「工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業」に着手する。設備の更新や電化・燃料転換、運用改善を支援するもので、来年度予算の概算要求に48億円を計上している▼事業内容を見ると、CO2排出量が年間50トン以上3千トン未満の工場・事業場を保有する事業者を対象に、CO2排出量削減余地の診断と削減目標を含む「脱炭素化促進計画」の策定を支援する▼また、@ガス化、電化等の燃料転換A年間1千トン以上のCO2排出量削減Bシステム系統でのCO2排出量30%削減――を満たす同計画の設備更新などに補助するほか、参加事業者のCO2排出量の管理や実践例の分析・横展開の方策を検討する▼この事業では、脱炭素化促進計画に基づく設備更新とともに、参加者にCO2 の排出枠を割り当て、基準年度および目標年度における排出量の第三者検証を受検してもらい、削減目標を達成できない場合は排出枠の取引などを実施する点が特徴となっている▼こうした「キャップ&トレード」アプローチの有効性は東京都の制度でも実証済みであり、今後改定される国の30年目標、50年目標の確実な達成に向け、事業者は積極的に経験と実績を積み重ねていくことが重要だろう。
(2020/10/21)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要