環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
7月の長梅雨、豪雨による水害、そして連日の猛暑と、「気候危機」を実感する。猛暑でいえば、熱中症による死亡者数は昨年9月時点をすでに超え、その内の9割が高齢者で、9割が屋内、エアコンを使用していなかったという。小泉進次郎環境相が28日の記者会見で明らかにした▼環境省は今夏から、気象庁と共同で熱中症を注意喚起する警戒アラートの発令を試行的に開始した。今後全国展開につなげていく方針だが、新型コロナウイルスの感染防止も踏まえた上で、いかに重篤患者や死亡者数を減らすか、政府一丸となった対策の強化が求められる▼コロナと気候。日本だけでなく世界が2つの危機に直面している。これらの危機への対処について話し合う閣僚級会合が3日、オンラインで開かれる。小泉環境相が独メルケル首相に提案したことがきっかけで、各国の閣僚をはじめ市民、産業界、自治体などの代表らが参加。会合に合わせ、各国の取組状況などを共有する情報プラットフォームも立ち上げられた。コロナからの復興と気候変動に関して具体的な行動や知見の共有を目指すのが狙いだ。小泉氏にとっては環境相としての最後の大きな仕事になるかもしれない。環境先進国・日本の復権のスタートとなるのか期待したい。
(2020/09/02)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要