環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
もはや単なる「気候変動」ではなく、人類や全ての生き物の生存基盤を揺るがす「気候危機」――。政府は12日に閣議決定した2020年の「環境・循環型社会・生物多様性白書」で、大規模な災害が国内外で多発している現状を踏まえ、温暖化の影響で地球環境が危機的状況にあることをこう強調した。政府の文書で「気候危機」という言葉が使われるのは初めてだという▽世界規模の人口増と経済拡大がもたらした点でコロナ危機と気候危機は同根。コロナ危機はワクチンにより終息が見通せるが、気候危機の解決は容易ではない。専門家が長年警告を発してきたにもかかわらず、気候変動で人がばたばた死ぬわけではないと、我々はこの問題に真剣に向き合って来なかった。それよりも豊かで快適で便利な生活を求めてきたからだ▽気候危機は公が認めるものとなった。ではこの危機にどう立ち向かうのか。小泉進次郎環境相は同日の閣議後記者会見で、「白書を契機として、環境省としてここに『気候危機宣言』をしたい」と述べ、社会全体で危機感を共有し社会変革を促していくと訴えた。コロナ禍で働き方、ライフスタイルなどが変わりつつある。そこに脱炭素の兆しが見える。この変化を社会に広く根付かせていかなければならない。
(2020/06/17)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要