環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 マイボトルを持ち歩く習慣がついて1年以上になる。きっかけは、エコでもプラごみ削減でもなく、昨夏の強烈な暑さ。熱中症対策に水分を、と注意喚起されるまでもなく喉が渇き、外出の度に自販機やコンビニの冷たいボトル飲料に手が伸びた▼だが、一度に全部は飲み切れず、いつも残りはバッグに入れて持ち歩くはめに。一応ハンドタオルに包んではみるが、ペットボトルはすぐに水滴まみれになる。中身も次に飲む時には生ぬるくなり、甘味の炭酸飲料など選んだ日には後悔の一言だ▼そんなある時、重要書類が大きく波打ち、使い物にならなくなった。例の水滴ボトルの仕業である。大きなショックと怒り(自分への)。大事なものは別に持とう、といった発想はなく、この時からスパッとマイボトル族になった▼記者のボトルは魔法瓶メーカー製で、冷たいものも温かいものも8時間以上そのままの温度をキープ。水滴知らずで、いつでもどこでもおいしく水分補給でき、重宝なことこの上なし。すっかり手放せなくなった▼応援アプリも登場している。例えば「mymizu」は給水スポットのマップで、水飲み場や公共水道のほか店舗や企業なども参加。中には給湯OKのところまであり、気持ちまで温かくなる。
(2019/11/27)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要