環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
第4次安倍再改造内閣が発足した11日夜遅く。首相官邸での記者会見を終えた小泉進次郎環境相が初登庁した。就任会見の会場には100人近い報道陣が参集、歴代の環境相就任会見とは異なる熱気に包まれた。将来の首相候補と目される小泉氏の就任とあってか、環境省幹部の表情からは高揚感のようなものが感じられた▼会見で小泉氏は、自らの“発信力”を環境行政に生かしていきたいという考えを明らかにした。今月末に米国ニューヨークで開かれる国連総会環境ウィークは、その発信力を示すまたとない機会になりそうだ。小泉氏は、23日の気候変動サミット、翌日のSDGsサミットに出席。この間に各国の環境相とバイ会談に臨む▼気候変動サミットを主導した国連のグテーレス事務総長は、今後10年間で温室効果ガスを45%削減し、50年までに正味ゼロにするための具体的な計画を持ち寄るよう各国に要請した。サミットで日本は、排出削減の議論をリードする役割を担っているだけに、小泉大臣の発言に注目が集まる▼発信力を生かすも殺すも中身次第だ。環境問題につきまとう総論賛成・各論反対を乗り越え、中身となる環境政策でいかにリーダーシップを発揮し、成果をあげるか。小泉氏の手腕が試される。
(2019/09/18)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要