環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 大手コンビニチェーンが、おにぎりやパン、弁当などのフレッシュフードの消費期限を一斉に延長したという。延長の根拠をいぶかしむ声もあるが、検査で延長可能と確認したとの言葉を信じ、食品ロス削減に有効な手立てとして賛成したい▼消費期限の近づいた食品の購入に対してポイント還元という形で値引きし、売れ残って廃棄処分になる食品を減らそうとする試みもコンビニ各社で始まっている。消費者や加盟店、そして道義的にも、良い流れだ▼農水省によると、わが国の食品ロスの推計は約643万d(2016年度)。本来食べられる食品を国民一人当たり年間約51`cも廃棄している計算だ。前年度より3万d減ったというが、内訳では事業系が5万d減で、一般家庭からの量は逆に2万d増▼今年5月、「食品ロスの削減の推進に関する法律」が公布され、関係省庁は「連携して国民運動への展開を目指す」構えだが、最も大切なのは一人ひとりの意識。親しみやすく明快なことが一番だろう。お手本は地方にある▼食べきりげんまんプロジェクト、食べものの「残しま宣言」、小千谷のごっつぉ食べきり運動、やまぐち食べきっちょる運動…。地元密着の各種取り組みもさることながら、語呂合わせが絶妙。毎日楽しく唱えられそうだ。
(2019/09/11)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要