環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 7月、8月は「熱中症予防強化月間」であるが、今年は梅雨明けからの急激な気温上昇に伴い、全国各地で熱中症が多発している。先月29日から今月4日の間だけでも、1万8千名以上が救急搬送され、そのうち50名以上が死亡するなど重大な事態となっている▼このため、政府は急遽、「熱中症関係省庁連絡会議」を8日に開き、改めて今夏の取り組みを確認するとともに、関係方面との連携強化を図ることにした▼そのうち、同会議の事務局を務める環境省の取り組みを見ると、普及啓発資料の作成・配布やイベントの開催、日傘の活用推進のほか、今年度からの新規事業として「熱中症予防対策ガイダンス策定事業」に取り組んでいる▼地方自治体や企業による創意工夫に富んださまざまな取り組みの水平展開を後押しするため、その効果や課題等を明らかにする実証事業を公募で実施し、その結果を施策のガイダンスとして21年に策定するものだ▼具体的には、京都の祇園祭における暑さ対策の持続的な実施枠組みや、東日本における雪を活用した予防対策の検討・実証など9事業が予定されている。熱中症は死に至る可能性のある危険な病状であるが、その予防は十分可能であり、同事業の今後の成果も期待されるところだ。
(2019/08/21)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要