環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 10日間の大型連休の間に平成の時代が幕を閉じ、新元号令和がスタートした。生前退位からの新天皇即位ということで、日本国中が概ね祝福ムードに包まれた。新時代「令和」にはいったいどのような出来事が待っているのだろうか▼平成は、昭和の高度経済成長の代償として起こったごみ問題や大気汚染などの環境問題の解決に向け、さまざまな対策に取り組んできた時代だった。また、度重なる自然災害との闘いの時代であったとも言える▼そうした苦難の中で皆が力を合わせて環境改善に向け努力を重ねた結果、汚染された海や森など多くの自然はかつての美しさを取り戻していき、日本は世界に誇れる環境に関する技術を蓄積していった。しかし、世界全体で見ると環境問題は深刻化の一途をたどっている▼平成の終わりに日本でも大きな注目を集めた廃プラスチックによる海洋汚染問題は、早急に対応しなければならない世界的な課題として、諸外国ではわが国に先行した取り組みも見られている。令和元年、日本で行われるG20の環境分野での最重要テーマも当然廃プラ問題で、ここで世界をリードするような施策を示すことが求められている。令和の時代も日本にとって「環境」は重要なキーワードの1つとなりそうだ。
(2019/05/08)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要