環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 尼崎城(兵庫県)が再建され、先日開城した。曲線と三角形が重なった四層の天守は趣があり美しい。この地発祥の旧家電量販店創業者が寄贈したものだが、城内部の施設構築や運営費に充てようと「一枚瓦」や「一口城主」等の企画で寄付も募った。集まった額は2億円以上と目標の倍で、8割は市民から▼開城に先駆けてプロジェクトサポーターを募集すれば、登録者は即座に千人を超え、昨年から城下町フェスティバルを開催し、地域を盛り上げる。地元有志が始めたごみ拾い活動は「刀型トング」を用い、大人も子供も楽しく参加。同時に街の歴史も学ぶ▼昭和世代なら、「尼崎」と聞いて浮かぶのは「公害」の二文字だろう。地盤沈下、水質汚濁、大気汚染…高度経済成長のツケが集中した都市と習った。しかし、それも今は昔。産学民官の努力で克服し、13年には「高い協働意識」の方針を示して、国の環境モデル都市に。平成世代からは「本当に住みやすい街」の1位(関西)を獲得するなど評価されている▼開城イベントには3日間で2万5千人が来場。「多くの皆さまの思いがこもる尼崎城。尼崎の魅力を伝えるシンボルとして大切に活用していく」。稲村和美市長のあいさつに深くうなずく参加者たちの表情に新時代の環境都市を感じた。
(2019/04/10)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要