環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 「これを聞いても往なされるだけかな」と取材の際につい予定調和な質問をしてしまいがちだが、講習会などを取材する時に、記者以外の方が切り込んだ質問をしているのをみると、たまにはグイグイいくのもいいかなと思うことがある。3月21日のイチローの引退記者会見で改めて感じた▼大物選手の引退試合は試合の内容や結果以上に記者会見が注目される。特に彼は含蓄があるというか独特の言い回しをするので、一言一言に集中して耳を傾けたファンは多かったと思うが、一方で記者泣かせで有名だ。“打てるコース”に質問しないと“見送られる”か、“カットしてファール”にされてしまう。当日も記者の緊張が雰囲気から伝わってきた▼この日の彼の発言は2軍時代からのファンだった私にはどの言葉でも貴重で、どんな質問をしてくれるのか期待した。そんななか、印象が残ったのは番記者以外の質問だ。彼を知る人なら“危険球”のような質問。ただ、最期なので彼も寛容になったのか、険悪なムードにならず、その時の表情や言動のなかに伝わるものがあり、結果的に彼の考えていることが伝わる効果のある質問だった▼平成を駆け抜けたイチロー、令和にもこんな選手がいてくれたら苦労はするが取材も楽しい。
(2019/04/03)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要