環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
 クリスティアナ・フィゲレス氏が現在来日している。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)元事務局長で、パリ協定の実現に貢献した、環境分野では世界で最も影響力のある人物の一人だ▼来日の目的は、副議長を務める「世界気候・エネルギー首長誓約(GCOM)」の周知拡大。パリ協定を踏まえ、気候変動対策への地域の貢献を自治体の首長が誓約するイニシアティブで、世界では9千以上の都市が参加する。一方、日本の自治体の参加は未だ20に満たない▼海洋プラスチック問題に関連し、フィゲレス氏は、「プラスチックは将来代替される」との認識を示した。代替されるまでの間は、シングルユースのプラスチックの使用をやめるべきであり、廃プラスチックのリサイクルやリユースを推進するべきとの考えだ▼世界はこれから、まさにプラスチックを使わない社会に転換するのかもしれない。フィゲレス氏の明確な回答から察するに、それはそれほど遠い未来ではないように感じられる。欧州では使用禁止の法整備が進んでいる。海洋プラスチック対策は気候変動対策と同じ道筋を辿り、国家から民間や地域へと取り組むべき主体が広がるだろう。世界の流れを踏まえ、日本は遅れを取るべきではない。 (央)
(2019/02/13)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要