環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
胸元に鮮やかな17色のピンバッジ。最近、取材先でよく目にする。国連持続可能な開発目標(SDGs)の17目標を色で表したアイコンをバッジにしたもの。日本証券業協会は、このバッジ約1万個を会員会社などへ配布したほどだ▼世界最大の機関投資家、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用に乗り出したことで、日本でもESG投資の動きが加速している。ESGは企業価値を測る材料の一つだが、その評価に欠かせない共通言語がSDGsだ▼金融機関に限らず、その他の企業や自治体にもSDGsへの関心が急速に高まっている。政府が本腰を入れ始めた影響が大きい。政府は昨年末にアクションプランを策定、19年に日本のSDGsモデルを構築し世界に発信する方針を打ち出した▼19年には日本で初めてとなる主要20カ国首脳会議が大阪で開かれる。ラグビーワールドカップ開催もあり、日本のSDGsを世界にアピールし、20年の東京五輪へとつなげる絶好の機会というわけだ▼政府はSDGs実施方針で「持続可能で強靭、そして誰一人残さない」社会づくりを目標に掲げた。道半ばの被災地復興、その先の国づくりに、日本のSDGsモデルがどのような道筋を示すのか。今年、来年が正念場だ。(宜)
(2018/03/14)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要