環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
共謀罪を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が15日、成立した。まさに侃々諤々、国会を飛び出し、国外からも場外戦を招き入れた挙句の「強行採決」に、明けて各紙のトップは騒ぎ、また騒いだ。いっそ恐ろしいくらい黒くて太いその見出しは、ここ数年で珍しいのでは▼同改正法は、環境関係も無縁でない。組織的犯罪集団とみなされる罪として、新たに表記されたものには、森林法や水道法、下水道法、廃棄物処理法、熱供給事業法、放射性汚染物質対処特措法などに関する一部の罪が示されている。森林資源の窃盗や放火、水道・下水道施設の損壊、廃棄物処理業の無許可営業を行う――などに関する準備行為を行う2人以上のものが処罰の対象となる。門外漢が恥を恐れずに整理をすると、「一部の罪となる行為を準備する行為を罪とする」という、入れ子的に罪のボーダーを下げる力技をしたと解され、事あらば深刻なテロ等を防止する重大さに照らしても、理屈の立て方や広がりなどなど、すでにある議論 の複雑さにも正直、キョロキョロするばかりだ▼廃掃法では、なぜここで無許可営業なのか、また、排出者との関係が、ある場合「共同の目的」を行う組織的(犯罪)集団になり得るのかどうか興味が湧いたが、まだ調べられていない。(潤)
(2017/06/21)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要