環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
持続可能な経営を通じたブランド価値の向上を目指す、米国発の「サステナブル・ブランド国際会議2017東京」が今月8、9日に日本で初めて開催され、ネスレ日本の高岡浩三社長が基調講演した▼グローバルでCSVを推進するネスレは、「健康」「農村開発」「水」の3分野を重点課題に設定。ネスレ日本はこれに則って42の優先課 題を設定し、具体的な取り組みを進めてきた。SDGsにも対応している▼高岡氏は、CSVの原点は「顧客のために仕事する」ことであり、「顧客が気づいていない問題を発見すること」が重要だという。同氏はCEO就任時、社員のすぐれた事業アイデアを表彰する「イノベーション・アワード」を立ち上げた。現在では社員数の2倍以上の事業案が集まり、そのアイデアが、グローバル平均の2・5倍に及ぶ同社の高い成長率の原動力になっている▼「訓練することで、顧客の問題を考える癖がつく。これがCSVを進める大きな原動力になることを見つけた」と高岡氏は話す。重要なのは、全社員が「顧客は誰か。新しい現実は何か。今までなかった顧客が抱える問題とは何 か」を意識すること。環境ビジネスにおいても、企業活動の持続と成長を導くヒントになるのでは ないか。(央)
(2017/03/28)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要