環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 脱炭素・エネルギー 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
連載/社説/コラム 記事一覧
【コラム】東風西風
「ごみ」か「ゴミ」か――。ごみの表記はひらがなで「ごみ」とカタカナで「ゴミ」が混在している。どちらが正しいということもないのかもしれないが、どちらの表記を使うか迷った経験がある方もいるのではないだろうか▼ある廃棄物関係の専門家は「ごみは外来語ではないのだから、本来ひらがなで表記すべき」と指摘する。自治体の部署名に「ごみ対策課」など「ごみ」が付く場合もひらがなが一般的なようだ。では、なぜ「ゴミ」というカタカナ表記が使われるのか。これについては、「ひらがなが多い文章の中では『ごみ』だと目立たない」、「カタカナで『ゴミ』とすることで強調した印象が与えられる」という理由からが多いようだ▼やはりごみというのは「不要のも の、汚いもの」といった負のイメージが強い。ひいてはごみを扱うごみ処理業者などもあまり良いイメージは持たれて来なかった。全てがという訳 ではないが、そうした意味を込めて「ゴミ」と表記されたケースも少なからずあるだろう▼現在ではごみも「資源」ということで、そのイメージも徐々に変わってきた。個人的には従来からあまり意識せずにひらがな表記を使ってきたが、これからは少し意識しながら「ごみ」という表記を使っていきたい。(心)
(2012/06/13)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要