環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
特別企画 記事一覧
導入進む 天然ガス由来環境配慮GTL燃料
 産業廃棄物処理やリサイクルの現場においても温室効果ガスや大気汚染物質の一層の削減が課題となっている。例えば作業現場で用いるオフロード車と呼ばれる特殊自動車(建機・重機など)の排出ガス対策。すでに新車への排ガス規制が始まっているが、規制をクリアするためにはディーゼルエンジンに電動機器や排ガス処理装置を取り付けると性能が落ちたりメンテナンスの手間と費用が増えたりする懸念があり、使い方が激しい作業現場での導入がためらわれることがあった。そこで軽油用エンジンのままで使えるGTL(ガスtoリキッド)燃料が脚光を浴びている。天然ガスを精製して液体燃料としたもので、大気汚染原因物質をほとんど含有せず排ガスがきれいでCO2排出も削減される。石油などの燃料を販売、配送する平野石油は、このGTL燃料に着目、環境配慮型燃料として、産廃処理業者などに導入を働きかけている。同社の取り組みの経緯やGTL燃料への転換を進めた事業者の声などを取材した。
(2021/04/07)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要