環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
総合 記事一覧
国会審議・衆院予算委員会(3日) 脱炭素社会の具体的な実現時期
 3日の衆院予算委員会で、公明党の岡本三成議員(比例北関東ブロック、当選3回、佐賀県出身、54歳)が気候変動問題について質問し、パリ協定に基づく長期戦略で脱炭素社会の実現を目指すとされている「今世紀後半のできるだけ早期」の具体的な時期について政府の見解を質した。これに対し、安倍晋三首相は「当然50年も視野、51年にできれば一番いい」と答弁した。脱炭素社会実現の具体的な時期について安倍首相が言及したのは初めて。先月23日の衆院本会議における代表質問で公明党の斉藤鉄夫幹事長が「50年を視野に」と提言したことに呼応するもの。小泉進次郎環境相も同提案を「絶妙」と述べ、世界に分かりやすいメッセージを発信していく考えを強調した。「50年80%」削減の長期目標を掲げた現行の地球温暖化対策計画などの見直しに少なからぬ影響を与えそうだ。以下、その質疑概要を紹介する。
(2020/02/12)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要