環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
総合 記事一覧
国会審議・衆院環境委員会(12 日) 災廃処理計画の策定率、市区町村で28% 小泉環境相「人的支援も含め丁寧に対応」
 12日の衆院環境委員会では、台風19号等の豪雨被害に伴う災害廃棄物処理問題や気候変動問題等が審議された。その中で、小泉進次郎環境相は、災害廃棄物処理計画の策定率が市区町村で依然28%と低迷している現状について、その原因を特定しながら計画策定が進んでいくよう、「環境省が人的支援も含め丁寧に対応していく」考えを強調した。以下、質疑応答の概要を紹介する。なお、文中の質問者は自民党・無所属の会の務台俊介委員、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの金子恵美委員および日本共産党の田村貴昭委員。政府側の答弁者は小泉環境相、石原宏高環境副大臣、環境省の山本昌宏環境再生・資源循環局長および近藤智洋地球環境局長。
(2019/11/27)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要