環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 大阪支社発 環境福祉
トピックス 記事一覧
施工不良や経年劣化で発火―住宅用太陽光発電〜消費者事故調が報告書
 政府の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は1月28日、住宅用太陽光発電システムの火災事故等の調査報告書をまとめた。2008年3月〜2017年11月に消費者庁の事故情報データバンクに登録された同システムの事故のうち、製品評価技術基盤機構が調査中の事故などを除く72件を対象に調べたもの。それによると、発火などの事故が約10年間で127件発生し、そのうち13件が施工不良や経年劣化による発火で、重大な火災につながる恐れのあったことが判明した。また、13件のうち7件が住宅の屋根側に延焼したが、これらは全て発電装置の裏面に鋼板などの不燃材料のない製品だったことが分かった。
写真:「屋根の被災状況の例」(出典:消費者庁資料)
(2019/02/06)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要