環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 環境福祉
トピックス 記事一覧
大規模太陽光、100ヘクタール相当を対象〜環境省方針−アセス法の第1種事業に−FIT導入の近似値は3万2千キロワット
環境省は11月1日、大規模な太陽光発電事業を環境影響評価法(環境アセスメント法)の対象にすべきであり、必ずアセスを行う第1種事業の規模要件を面整備事業と同じ100ヘクタール相当とし、その指標を出力(キロワット)とする方針を有識者検討会に示した。同省によると、太陽光発電の固定価格買取(FIT)制度における100ヘクタール相当の出力規模は、導入ベースで3万2千キロワット、認定ベースでは3万6千キロワットが近似値とされており、具体的な出力要件は3万〜4万キロワット以上とされる見込み。また、アセスが必要かどうかを個別に判断する第2種事業の規模要件は、他の事業種と同様、第1種事業の要件に「0.75」を乗じ設定するとしている。スクリーニングでは、人為的な影響の比較的低い地域など3つの地域特性について、判定に当たり考慮する基本的考え方を示している。環境省では今後、有識者検討会での検討結果を踏まえて同法の政令を改正し、2020年からの導入を目指す方針。
(2018/11/07)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要