環境新聞
ホームページ内検索
検索
試読・購読お申し込み 環境新聞社とは メールマガジンのお申込み(無料)
Home 総合 エネルギー・低炭素 環境経営・CSR 資源循環 水・土壌環境 環境広場 環境福祉
トピックス 記事一覧
削減目標の交渉が最終局面―IMO海洋環境保護委で―国際海運からの温室ガス
パリ協定の採択・発効を背景に国際海運からの温室効果ガス(GHG)の今世紀中の排出ゼロを目指すため、国連の専門機関である国際海事機関(IMO)は今月中に「GHG削減戦略」を策定するが、その最大の焦点の削減目標を巡る国際交渉が、4月9日からロンドンで開かれているIMOの海洋環境保護委員会で最終局面を迎えている。
これまでの交渉では、日本が「30年にエネルギー効率ベースで08年比40%、60年に排出総量ベースで同50%」の削減目標を提案。
(2018/04/11)
添付資料
特集・論説
特集企画
連載/社説/コラム
各種情報
イベント案内
インフォメーション
その他のお申し込み
環境関連書籍
広告のお申し込み
その他
環境新聞について
お知らせ・ご案内
ご意見・情報提供
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー環境新聞発行案内メールのお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.
環境新聞社とは 環境新聞社の事業 環境新聞社の歩み 環境新聞社の概要